電子工作に必要な電子部品は電子部品販売サイトが便利です

オーディオ機器に凝る人の中には自作アンプを製作する人も少なくありません。
しかし、自作アンプを作る時に問題になるのが回路設計です。
電子回路の設計経験を持つ人であれば、自作アンプの電子回路設計から行う事が出来ますが、電子回路設計が出来ない場合には自作アンプを作る事が出来ない事になります。
しかし、ネットの中にはアンプ製作に必要な電子回路を公開しているウェブサイトがあるので、回路設計が出来ない人でオーディオアンプを自作する事が出来ます。
尚、電子回路やプリント基板のアートワークなどがあれば、後は電子部品を購入して組立てて行けば良いわけですが、アンプに使用する電子部品は、電子部品販売を専門に行っている通販サイトを利用すれば、自宅近くにお店がない人でも必要な電子部品を買い揃える事が出来ます。

回路図に記載してある電子部品をリスト化

アンプ製作などに必要は電子部品を、電子部品販売を行っている通販サイトを利用して入手する場合、最初に行っておく事は、回路図に使用されている電子部品のリストを作成しておく事です。
回路図の中には抵抗やコンデンサ、ICやトランジスタなどの色々な部品がシンボル化してあり、抵抗には抵抗値や許容誤差、ワット数などが明記してあります。
一つの回路図の中には同じ抵抗値の部品が複数使われている事が多くあります。
例えば、100Ωの抵抗が12個、1kΩの抵抗が8個などのように、同一の部品が複数使用されているので、リスト化をした後に、同じ定数の部品が何個必要になるのかを調べておきます。
使用数を調べておけば、通販サイトで電子部品を購入する時に、必要数を選んでカートに入れて行く事が出来ます。
尚、必要数を調べる時には正確に調べる事が大切です。

ICなどの半導体は品番が似ているものがあります

抵抗やコンデンサなどは定数と呼ぶ、数値を回路図から抜き出して、通販店で購入して行けば良いのですが、ICなどの場合は回路図に記載してある品番が通販店の中で見つからないケースもあります。
回路図に記載してある品番は、形状やランクなどが省略してあるケースがあります。
例えば、回路図に「7430」などの品名が記載してある場合、電子部品のシンボル記号がNANDゲートの時にはHD74LS30PなどのICを購入すれば良いのです。
尚、初めて電子工作をする人にとって、「7430」がHD74LS30Pなどになるなどの知識を持つ人は少なく、大半の場合が通販店で買う事が出来ないと感じるのではないでしょうか。
店頭などの場合は、回路図を持って行けば、お店のスタッフさんが必要なICを揃えてくれるので便利です。
しかし、電子部品販売を行っているお店は通販店の場合でも、メールフォームなどを利用して問い合わせをすれば必要なICがどのようなものなのかを教えてくれるので安心です。